植物由来と動物由来の幹細胞化粧品の違い

幹細胞というのは、人間の体を作り出すために必要な細胞の「元」になっている細胞です。幹細胞が存在しているおかげで、肌の細胞も生まれ変わってくれますから、シワ・たるみなどを予防して若々しい肌をキープすることが出来るのです。

こういったことに着目して、幹細胞化粧品が登場したのですが、どんな幹細胞の成分が配合されているのでしょうか?コスメや化粧品を使うときに、成分が安全なものでなければ安心して使うことはできません。

そこで今回は、幹細胞化粧品に使われている幹細胞の種類についてご紹介していきたいと思います。まず、幹細胞化粧品には大きく分けて3種類の幹細胞が使用されています商品によって使用されている幹細胞の種類は違いますので、自分が気になっている商品に使われている幹細胞は、いったい何なのか?という部分をしっかりと調べてみてください。

それではまず、こちらでは「動物由来」と「植物由来」の幹細胞化粧品についてご説明していきたいと思います。

動物由来の幹細胞

動物由来の幹細胞化粧品というのは、培養した幹細胞の液が配合されています。幹細胞の原料は「羊の毛根」や「プラセンタ(胎盤)」などがあります。羊は病気になりにくいので、他の動物よりも安全性に優れているとも言われています。

ヒトの皮膚幹細胞と構造が似ているので、肌に吸収されやすいというメリットがあります。しかし日本では、羊を原料としている成分が、あまり流通していないのが現状です。

ちなみに、人の皮膚幹細胞と構造が似ているとはいいますが、人間の皮膚に存在している成分ではないので間違えないようにしてください。

植物由来の幹細胞

お次は植物由来の幹細胞化粧品についてご紹介したいと思います。

植物由来幹細胞のコスメ・化粧品というのは、「ウトビラー・スパトラウバー」と呼ばれるリンゴの1種や、「アルガンツリー」と呼ばれる樹木、「クリステマリン」というフランスの薬草、朝鮮人参に似ている「山人参」などから抽出された幹細胞エキスを配合しています。

「ウトビラー・スパトラウバー」というリンゴは、奇跡のリンゴとも言われており4か月間も腐らないそうです。それほどまでに希少価値の高いリンゴのエキスが使用されているという事です。この奇跡のリンゴの幹細胞を培養すると、様々なコスメ・化粧品に使うことが出来ると分かり、今では多くの商品に使われるようになっています。

植物というのは環境さえ確保できればずっと生きていられるという、再生能力が備わっています。この再生能力が、ヒトの幹細胞に栄養を与え活性化させることで、お肌を若々しくすることが出来るのです。動物性幹細胞と比較すると、採取しやすいですし価格も割安になりますので、植物幹細胞の化粧品は続けやすいのが特徴です。