幹細胞とプラセンタはどう違う?どちらが優秀?

幹細胞というのは「細胞に働きかける」というイメージがあります。同じように、美肌効果があると言われる「プラセンタ」にも細胞に働きかけるイメージがありませんか?もしかしたら、幹細胞とプラセンタは似ているものなのではないか?と考える人も少なくありません。

具体的に幹細胞とプラセンタには違いがあるのか?それぞれの違いを比較してみたいと思います。どちらも同じ効果であれば、あえて幹細胞を使わなくてもプラセンタのほうがいい!という人もいると思います。

ですから、幹細胞を使う意味があるのかどうか?という部分をチェックして、そのうえで幹細胞化粧品を使うべきなのかどうかを判断していきましょう!

幹細胞とプラセンタの違いについて

幹細胞とプラセンタは細胞に働きかけるという作用があるので、なんとなく似ている物質なのかな?と考える人も多いでしょう。そこで、幹細胞とプラセンタには、どんな違いがあるのか具体的に詳しくコスメ・化粧品について比較してみたいと思います。

プラセンタ化粧品

動物由来プラセンタを使用した化粧品の中には「成長因子」が含まれています。成長因子が肌の奥に浸透していくと、細胞分裂を促進することができます。

この作用により、肌のターンオーバーが正常化されるので、肌の生まれ変わりがキチンと行われるようになります。さらにメラニンもしっかり排出されるようになるので、シミやそばかすなども予防できますし少しずつ解消されます。

幹細胞化粧品

ヒト細胞由来幹細胞の培養液を使ったコスメ・化粧品というのは、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。ですから、そういった部分ではプラセンタ化粧品と同じような効果が期待できるという事です。

ただ、ヒト細胞由来幹細胞の培養液を使っているコスメ・化粧品というのは、人間が持つ細胞と同じ形をしていますので、さらなる効果を発揮してくれます。肌の細胞の元となっている幹細胞を活発にすることが出来るという点では、プラセンタとは全く違う作用だと言うことが分かります。

幹細胞コスメ・化粧品を使う必要性は?

結果的に言えば、幹細胞コスメ・化粧品を使う必要性はあります。プラセンタとは全く違う観点、作用がありますのでアンチエイジングケアをしていきたい人にはオススメです。

年齢肌でトラブルを感じている人は、コスメ・化粧品を選ぶときに幹細胞というキーワードも選択肢の中に入れておくといいのかなと思います。幹細胞化粧品を選ぶときには、こんなポイントを参考にしてみてください。

ハッキリ効果を得たい人

ハッキリとした効果を得たいのであれば、ヒト細胞由来幹細胞の培養液を配合している化粧品を選びましょう。

安全性&低価格が最優先!

安全性が1番高く、価格が1番安いものを最優先にするのであれば、植物性由来幹細胞が配合されている化粧品を選びましょう。

日本での流通数はとても多いですし、初めて幹細胞コスメを使うという人にはオススメです。