エイジングケアの最終兵器!?ヒト由来の幹細胞化粧品の魅力

幹細胞化粧品には、3種類の幹細胞が使われているという事ですが、動物由来と植物由来の幹細胞については解説をしていますので、今回は「ヒト由来幹細胞」についてお話をしていきたいと思います。

ヒト由来幹細胞を使った化粧品というのは基本的にアンチエイジング効果が強いと言われています。動物性・植物性の幹細胞と比較すると1番効果が高いと言われていますし、副作用の心配も少ないという事なので、安全面でもかなり安心して使うことが出来ると思います。

それでは、ヒト細胞由来幹細胞がどのような特徴を持っているのか、具体的に解説していきたいと思います。

ヒト由来幹細胞とは?

ヒト由来幹細胞というのは、人間の皮下脂肪から採取した「脂肪由来幹細胞」を培養させたものが一般的です。元々が人間の皮下脂肪からできているので、拒絶反応が起こらないと言われています。さらには、1番効果が高いとも言われています。

幹細胞そのものを使わずに、培養したものを使っているのはどうしてなのかというと、安全性が確保されていないからという理由があります。

コスメや化粧品に使うのであれば、幹細胞の中にある菌を減らすための処理をしなければいけません。しかし処理をすると、良質なタンパク質が破壊されてしまいます。そのため、化粧品に使えるヒト由来幹細胞というのは培養液となっているのです。

ただ、幹細胞培養液というのは商品化したときに価格が高額になりやすいのが特徴です。徐々に市場価格も下がっていくとは思われますが、品質の良さと安定化させる技術が難しいという点で、まだ価格は高額だと言われています。

ヒト由来幹細胞と植物幹細胞の違い

植物由来の幹細胞を使った化粧品と、ヒト由来の幹細胞培養液を使ったものとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

まず大きな違いは、情報を伝達させる方法です。ヒト由来幹細胞は、「レセプター」という細胞の鍵穴をもっています。鍵穴には専用のカギ「リガンド」があれば、すぐにカギを開けることができ、情報がスムーズに伝達されます。

このように、鍵穴に専用のカギを入れて伝達をスムーズにすると、細胞が活性化を始めるという仕組みになっています。

しかし、植物由来幹細胞には鍵穴もカギも存在していません。植物由来幹細胞が持っているのは「マイクロチャンネル」という経路だけです。この経路を使って情報を伝達していますので、ヒト由来幹細胞とは全くもって構造が違います。

こういったことから、植物由来幹細胞が実際にどこまで人間の細胞を活性化させているのかは「未知数」だと言われています。

逆に、ヒト由来幹細胞は細胞を活性化させるのに、かなり有効な働きをしていると言うことも分かります。だからといって、植物由来の幹細胞を使った化粧品を使っても効果がないと言うことではないようです。

口コミなどをチェックすると、植物由来の化粧品でも効果を実感している人はいます。こればっかりは、その人の使い心地や好みなどの問題になるのかなと思います。