エステの施術でも大人気!ヒト幹細胞エステのメリットとデメリット

幹細胞を使ったエステで、ハリ・弾力を蘇らせて若々しい肌を再現できるとのことで、エステで行える幹細胞の施術について調べてみたいと思います。

幹細胞を自分で使うのであれば、コスメや化粧品で肌に塗布する方法があります。しかしさらなる効果を求めたい!という場合には、エステで幹細胞の施術を受けるのも1つの手だと思います。今回は、エステでできる幹細胞の施術について詳しくご紹介したいと思います。

ヒト幹細胞エステについて

ヒト幹細胞培養液を導入して肌に浸透させるというエステでの施術があります。主にこの施術はフェイシャルエステとなっており、クレンジングから始まり、ピーリングやマッサージなどをしていきます。そして肌が柔らかくなってきた所で、ヒト幹細胞培養液が配合された美容液を肌に浸透させていく方法です。

エステサロンによって、ヒト幹細胞美容液の浸透方法などは異なりますが、大まかな流れは大体こんな感じになっています。さらにフェイシャルだけではなく、全身の施術をするサロンもありますので、自分の目的にあったエステサロンを選ぶといいでしょう。

ヒト幹細胞エステのメリット

さて、ヒト幹細胞エステに行くとどのようなメリットがあるのか?

シミ・シワ・たるみの改善

ヒト幹細胞エステをすれば、肌に直接幹細胞の作用が出てくるので表皮幹細胞と真皮幹細胞を活発にすることが出来ます。その結果、ターンオーバーを促進させてシミ・くすみを改善する効果が期待できます。

さらに肌の潤いを保持する力がアップしますので、肌の奥深くから潤いをキープすることができ、シワ・たるみを改善することができます。

敏感肌を改善

ヒト幹細胞エステをすると、成長因子が配合されていますので肌を炎症から守ることができます。「トランスフォーミング成長因子」が肌の炎症を抑制し、アレルギーが起こりにくい肌に仕上げてくれます。敏感肌を改善したい人にはとても効果的です。

血行促進で美肌効果アップ

成長因子には血管を形成する作用があるので、新しく健康的な血管が生まれますので血行が促進されます。すると栄養素や酸素が体の隅々に行き渡るようになるので、美肌効果もアップします。

ヒト幹細胞エステのデメリット

それでは続いて、ヒト幹細胞エステをしたときのデメリットについてご紹介したいと思います。

費用が高額

自分でコスメや化粧品を買い揃えるだけであれば、さほど高額ではない幹細胞ケアですが、エステサロンで幹細胞エステの施術を受けると、やはり施術料金が高額になります。

普通の美容エステよりも幹細胞エステのほうが料金は高く設定されていますので、お金に余裕のある時でなければ通うことが出来ません。

価格の幅は、1万円~5万円程度までばらつきがあります。サロンによって施術の時間や内容が違いますので、自分に合った施術内容を選ぶといいでしょう。

長期的データがない

ヒト幹細胞は2014年2月に「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と呼ばれるようになったもので、とても歴史が浅い化粧品になります。

ですから長期的なデータがないので、これから先どんな事が起こるのか不明です。ただ、現在までに重大な副作用が出たという報告はありません。