基礎情報

エステの施術でも大人気!ヒト幹細胞エステのメリットとデメリット

幹細胞を使ったエステで、ハリ・弾力を蘇らせて若々しい肌を再現できるとのことで、エステで行える幹細胞の施術について調べてみたいと思います。

幹細胞を自分で使うのであれば、コスメや化粧品で肌に塗布する方法があります。しかしさらなる効果を求めたい!という場合には、エステで幹細胞の施術を受けるのも1つの手だと思います。今回は、エステでできる幹細胞の施術について詳しくご紹介したいと思います。

ヒト幹細胞エステについて

ヒト幹細胞培養液を導入して肌に浸透させるというエステでの施術があります。主にこの施術はフェイシャルエステとなっており、クレンジングから始まり、ピーリングやマッサージなどをしていきます。そして肌が柔らかくなってきた所で、ヒト幹細胞培養液が配合された美容液を肌に浸透させていく方法です。

エステサロンによって、ヒト幹細胞美容液の浸透方法などは異なりますが、大まかな流れは大体こんな感じになっています。さらにフェイシャルだけではなく、全身の施術をするサロンもありますので、自分の目的にあったエステサロンを選ぶといいでしょう。

ヒト幹細胞エステのメリット

さて、ヒト幹細胞エステに行くとどのようなメリットがあるのか?

シミ・シワ・たるみの改善

ヒト幹細胞エステをすれば、肌に直接幹細胞の作用が出てくるので表皮幹細胞と真皮幹細胞を活発にすることが出来ます。その結果、ターンオーバーを促進させてシミ・くすみを改善する効果が期待できます。

さらに肌の潤いを保持する力がアップしますので、肌の奥深くから潤いをキープすることができ、シワ・たるみを改善することができます。

敏感肌を改善

ヒト幹細胞エステをすると、成長因子が配合されていますので肌を炎症から守ることができます。「トランスフォーミング成長因子」が肌の炎症を抑制し、アレルギーが起こりにくい肌に仕上げてくれます。敏感肌を改善したい人にはとても効果的です。

血行促進で美肌効果アップ

成長因子には血管を形成する作用があるので、新しく健康的な血管が生まれますので血行が促進されます。すると栄養素や酸素が体の隅々に行き渡るようになるので、美肌効果もアップします。

ヒト幹細胞エステのデメリット

それでは続いて、ヒト幹細胞エステをしたときのデメリットについてご紹介したいと思います。

費用が高額

自分でコスメや化粧品を買い揃えるだけであれば、さほど高額ではない幹細胞ケアですが、エステサロンで幹細胞エステの施術を受けると、やはり施術料金が高額になります。

普通の美容エステよりも幹細胞エステのほうが料金は高く設定されていますので、お金に余裕のある時でなければ通うことが出来ません。

価格の幅は、1万円~5万円程度までばらつきがあります。サロンによって施術の時間や内容が違いますので、自分に合った施術内容を選ぶといいでしょう。

長期的データがない

ヒト幹細胞は2014年2月に「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と呼ばれるようになったもので、とても歴史が浅い化粧品になります。

ですから長期的なデータがないので、これから先どんな事が起こるのか不明です。ただ、現在までに重大な副作用が出たという報告はありません。

美容クリニックによる幹細胞治療の効果や費用について

幹細胞を使った「美容治療」が存在します。自宅で簡単にケアができる方法として、幹細胞のコスメ・化粧品を使うことが出来ますが、それ以上の効果を実現したいという人のために、専門医の力を借りて幹細胞ケアをする方法があるのです。

とはいっても、幹細胞でどうやって美容治療を行うのか気になりますよね。怖い方法や痛みを伴う方法だと抵抗がありますから・・・ということで、今回は幹細胞を使った美容治療について詳しくご紹介していきたいと思います。

幹細胞で美容治療ってどういうこと?

年齢とともに衰えてきた皮膚を「細胞レベル」で新しく作り変えるという治療が、美容クリニックで行われています。

幹細胞治療では直接的に肌に幹細胞を送り届けるという方法を用いており、その施術内容は様々です。ただ、どれもダイレクトに肌に幹細胞が行き渡りますので、コスメや化粧品でケアをするよりも効果的です。

幹細胞治療の気になる疑問!

それでは幹細胞治療をするにあたって、どうやって施術をするのか?幹細胞はどうやって作られるのか?様々な疑問があると思いますので、こちらで多く寄せられる疑問に答えていきたいと思います!

幹細胞は誰の細胞?

クリニックなどで行う幹細胞治療では、「間葉系幹細胞」を注射したり点滴をしたりします。その時に自分の脂肪組織を採取して、そこから幹細胞を培養して増やすという事もあります。自分の体から採取した幹細胞なので、こういった治療の場合は拒絶反応が極めて少ないと考えられます。

幹細胞を肌にどうやって浸透させる?

クリニックでは静脈注射や筋肉注射などを用いて、幹細胞を注入していきます。クリニックでは自分の脂肪組織を使いますので、その日にすぐ幹細胞治療が出来るというわけではありません。

最初は脂肪を採取して病院で分離をして培養をしますので、その行程が終わってから再度クリニックに行って、幹細胞治療を開始します。

動物性幹細胞を使うことはある?

クリニックの幹細胞治療では、自分の脂肪由来の幹細胞もしくは、動物性幹細胞を使っています。

幹細胞治療の費用はいくら?

クリニックによって価格は異なりますので、一概にいくらとは言えません。ただ、最低でも60万円程度で最高だと150万円程度だと思われます。

自由診療になってしまうので、保険が適応されないため、治療費用は全額自費になります。

多くのクリニックで幹細胞治療を行っていますが、今までの経験や実績があり、医師が研究論文を書いていたり、培養方法や幹細胞の保管方法などがしっかり明記されているクリニックを選ぶのがポイントです。それから、副作用についてもしっかり明記していることが重要です!

どこで幹細胞治療が出来る?

幹細胞治療は美容クリニックで行っていますが、美容クリニックでも幹細胞治療をやっているところもあれば、やっていない所もありますので、自宅の近くや通える場所に幹細胞治療を実施しているクリニックがあるかどうかチェックしてみてください。

幹細胞とプラセンタはどう違う?どちらが優秀?

幹細胞というのは「細胞に働きかける」というイメージがあります。同じように、美肌効果があると言われる「プラセンタ」にも細胞に働きかけるイメージがありませんか?もしかしたら、幹細胞とプラセンタは似ているものなのではないか?と考える人も少なくありません。

具体的に幹細胞とプラセンタには違いがあるのか?それぞれの違いを比較してみたいと思います。どちらも同じ効果であれば、あえて幹細胞を使わなくてもプラセンタのほうがいい!という人もいると思います。

ですから、幹細胞を使う意味があるのかどうか?という部分をチェックして、そのうえで幹細胞化粧品を使うべきなのかどうかを判断していきましょう!

幹細胞とプラセンタの違いについて

幹細胞とプラセンタは細胞に働きかけるという作用があるので、なんとなく似ている物質なのかな?と考える人も多いでしょう。そこで、幹細胞とプラセンタには、どんな違いがあるのか具体的に詳しくコスメ・化粧品について比較してみたいと思います。

プラセンタ化粧品

動物由来プラセンタを使用した化粧品の中には「成長因子」が含まれています。成長因子が肌の奥に浸透していくと、細胞分裂を促進することができます。

この作用により、肌のターンオーバーが正常化されるので、肌の生まれ変わりがキチンと行われるようになります。さらにメラニンもしっかり排出されるようになるので、シミやそばかすなども予防できますし少しずつ解消されます。

幹細胞化粧品

ヒト細胞由来幹細胞の培養液を使ったコスメ・化粧品というのは、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。ですから、そういった部分ではプラセンタ化粧品と同じような効果が期待できるという事です。

ただ、ヒト細胞由来幹細胞の培養液を使っているコスメ・化粧品というのは、人間が持つ細胞と同じ形をしていますので、さらなる効果を発揮してくれます。肌の細胞の元となっている幹細胞を活発にすることが出来るという点では、プラセンタとは全く違う作用だと言うことが分かります。

幹細胞コスメ・化粧品を使う必要性は?

結果的に言えば、幹細胞コスメ・化粧品を使う必要性はあります。プラセンタとは全く違う観点、作用がありますのでアンチエイジングケアをしていきたい人にはオススメです。

年齢肌でトラブルを感じている人は、コスメ・化粧品を選ぶときに幹細胞というキーワードも選択肢の中に入れておくといいのかなと思います。幹細胞化粧品を選ぶときには、こんなポイントを参考にしてみてください。

ハッキリ効果を得たい人

ハッキリとした効果を得たいのであれば、ヒト細胞由来幹細胞の培養液を配合している化粧品を選びましょう。

安全性&低価格が最優先!

安全性が1番高く、価格が1番安いものを最優先にするのであれば、植物性由来幹細胞が配合されている化粧品を選びましょう。

日本での流通数はとても多いですし、初めて幹細胞コスメを使うという人にはオススメです。

【種類別】幹細胞エキスの安全性を比較

幹細胞コスメ・化粧品を使うにあたって、気になるのは安全性です。新しい商品というのは、その効果だけが注目されるものです。自分で調べなければ、安全性に関しては分からないというのが現状です。

アンチエイジング効果があるという幹細胞化粧品ですが、幹細胞という聞きなれない成分に対して不安を抱いている人も少なくありません。直接自分の肌に塗布するものですから、安全性が確保されていなければ使うのは怖いですよね。

そこで今回は、幹細胞エキスや培養液の安全性についてご説明していきますので、参考にしてみてください。

ヒト由来幹細胞培養液の安全性

ヒト細胞由来幹細胞の培養液についてですが、現在のところは「副作用の報告」はありません。

元々から人間に存在している脂肪から作られた培養液なので、拒絶反応が起きにくいと言うことも分かっています。かなり安全性の高い、幹細胞培養液だと言っていいでしょう。

少しでも幹細胞コスメ・化粧品に不安を感じている人には、ヒト細胞由来幹細胞の培養液を使った幹細胞コスメ・化粧品がオススメかもしれません。

植物性由来幹細胞の安全性

お次は植物性由来幹細胞エキスについてですが、現在のところ3種類の幹細胞エキスの中で1番安全性が高いと言われている種類です。

人間の体に存在する幹細胞とは構造が違いますので、馴染みやすさで言ったら最高というわけではありません。

しかし化粧品にしたときの価格も3種類の中で1番割安になっていますし、幹細胞化粧品に初めてチャレンジしてみるという人にとっては、1番始めやすいのかなと思います。

動物性由来幹細胞の安全性

動物性由来幹細胞の培養液についてですが、3種類の中で比較しても安全性が1番低いと考えられます。使われている幹細胞は、病気をしておらず清潔な環境で育ってきた動物で、厳しい検査をしっかりとクリアしています。

ただ、すべてのメーカーがここまで配慮をしているとは限りません。さらに、人によっては動物性由来幹細胞エキスに対してアレルギー反応を起こしてしまう可能性もゼロではありません。

もしも動物性由来幹細胞エキスが使用された化粧品を使ってみて、肌に合わないと感じた場合にはなんらかの肌トラブルが出てくる可能性も考えられますので、そのことを頭に入れておくといいでしょう。

動物性由来幹細胞エキスが使用されたコスメ・化粧品を購入しようと考えている時には、できるだけ原料についてしっかりと調査をしてから購入するといいでしょう。それから、その商品を実際に使ったという人の体験談や口コミなども参考にすれば、安全性の高い化粧品に出会うことができるでしょう。

このように、ヒト細胞由来幹細胞の培養液・植物性由来幹細胞エキス・動物性由来幹細胞の培養液には、それぞれに安全性などの違いがあります。自分が気に入ったコスメ・化粧品が、どの幹細胞を使っているのか調べることをオススメします!

エイジングケアの最終兵器!?ヒト由来の幹細胞化粧品の魅力

幹細胞化粧品には、3種類の幹細胞が使われているという事ですが、動物由来と植物由来の幹細胞については解説をしていますので、今回は「ヒト由来幹細胞」についてお話をしていきたいと思います。

ヒト由来幹細胞を使った化粧品というのは基本的にアンチエイジング効果が強いと言われています。動物性・植物性の幹細胞と比較すると1番効果が高いと言われていますし、副作用の心配も少ないという事なので、安全面でもかなり安心して使うことが出来ると思います。

それでは、ヒト細胞由来幹細胞がどのような特徴を持っているのか、具体的に解説していきたいと思います。

ヒト由来幹細胞とは?

ヒト由来幹細胞というのは、人間の皮下脂肪から採取した「脂肪由来幹細胞」を培養させたものが一般的です。元々が人間の皮下脂肪からできているので、拒絶反応が起こらないと言われています。さらには、1番効果が高いとも言われています。

幹細胞そのものを使わずに、培養したものを使っているのはどうしてなのかというと、安全性が確保されていないからという理由があります。

コスメや化粧品に使うのであれば、幹細胞の中にある菌を減らすための処理をしなければいけません。しかし処理をすると、良質なタンパク質が破壊されてしまいます。そのため、化粧品に使えるヒト由来幹細胞というのは培養液となっているのです。

ただ、幹細胞培養液というのは商品化したときに価格が高額になりやすいのが特徴です。徐々に市場価格も下がっていくとは思われますが、品質の良さと安定化させる技術が難しいという点で、まだ価格は高額だと言われています。

ヒト由来幹細胞と植物幹細胞の違い

植物由来の幹細胞を使った化粧品と、ヒト由来の幹細胞培養液を使ったものとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

まず大きな違いは、情報を伝達させる方法です。ヒト由来幹細胞は、「レセプター」という細胞の鍵穴をもっています。鍵穴には専用のカギ「リガンド」があれば、すぐにカギを開けることができ、情報がスムーズに伝達されます。

このように、鍵穴に専用のカギを入れて伝達をスムーズにすると、細胞が活性化を始めるという仕組みになっています。

しかし、植物由来幹細胞には鍵穴もカギも存在していません。植物由来幹細胞が持っているのは「マイクロチャンネル」という経路だけです。この経路を使って情報を伝達していますので、ヒト由来幹細胞とは全くもって構造が違います。

こういったことから、植物由来幹細胞が実際にどこまで人間の細胞を活性化させているのかは「未知数」だと言われています。

逆に、ヒト由来幹細胞は細胞を活性化させるのに、かなり有効な働きをしていると言うことも分かります。だからといって、植物由来の幹細胞を使った化粧品を使っても効果がないと言うことではないようです。

口コミなどをチェックすると、植物由来の化粧品でも効果を実感している人はいます。こればっかりは、その人の使い心地や好みなどの問題になるのかなと思います。

植物由来と動物由来の幹細胞化粧品の違い

幹細胞というのは、人間の体を作り出すために必要な細胞の「元」になっている細胞です。幹細胞が存在しているおかげで、肌の細胞も生まれ変わってくれますから、シワ・たるみなどを予防して若々しい肌をキープすることが出来るのです。

こういったことに着目して、幹細胞化粧品が登場したのですが、どんな幹細胞の成分が配合されているのでしょうか?コスメや化粧品を使うときに、成分が安全なものでなければ安心して使うことはできません。

そこで今回は、幹細胞化粧品に使われている幹細胞の種類についてご紹介していきたいと思います。まず、幹細胞化粧品には大きく分けて3種類の幹細胞が使用されています商品によって使用されている幹細胞の種類は違いますので、自分が気になっている商品に使われている幹細胞は、いったい何なのか?という部分をしっかりと調べてみてください。

それではまず、こちらでは「動物由来」と「植物由来」の幹細胞化粧品についてご説明していきたいと思います。

動物由来の幹細胞

動物由来の幹細胞化粧品というのは、培養した幹細胞の液が配合されています。幹細胞の原料は「羊の毛根」や「プラセンタ(胎盤)」などがあります。羊は病気になりにくいので、他の動物よりも安全性に優れているとも言われています。

ヒトの皮膚幹細胞と構造が似ているので、肌に吸収されやすいというメリットがあります。しかし日本では、羊を原料としている成分が、あまり流通していないのが現状です。

ちなみに、人の皮膚幹細胞と構造が似ているとはいいますが、人間の皮膚に存在している成分ではないので間違えないようにしてください。

植物由来の幹細胞

お次は植物由来の幹細胞化粧品についてご紹介したいと思います。

植物由来幹細胞のコスメ・化粧品というのは、「ウトビラー・スパトラウバー」と呼ばれるリンゴの1種や、「アルガンツリー」と呼ばれる樹木、「クリステマリン」というフランスの薬草、朝鮮人参に似ている「山人参」などから抽出された幹細胞エキスを配合しています。

「ウトビラー・スパトラウバー」というリンゴは、奇跡のリンゴとも言われており4か月間も腐らないそうです。それほどまでに希少価値の高いリンゴのエキスが使用されているという事です。この奇跡のリンゴの幹細胞を培養すると、様々なコスメ・化粧品に使うことが出来ると分かり、今では多くの商品に使われるようになっています。

植物というのは環境さえ確保できればずっと生きていられるという、再生能力が備わっています。この再生能力が、ヒトの幹細胞に栄養を与え活性化させることで、お肌を若々しくすることが出来るのです。動物性幹細胞と比較すると、採取しやすいですし価格も割安になりますので、植物幹細胞の化粧品は続けやすいのが特徴です。

幹細胞化粧品は年齢肌のシワ、たるみのケアにも最適

幹細胞コスメ・化粧品を使うと、お肌にはとても良い効果が現れるという事が分かっています。中でも加齢とともに増えてくる「シワ・たるみ」が気になっているという方には、とてもおススメです!

幹細胞の効果により、シワ・たるみを改善することが出来るからです。やはり幹細胞コスメ・化粧品は、他のコスメとは違います。アンチエイジングケアに特化しているので、加齢とともに現れる肌トラブルに対して、しっかりと作用してくれるのが嬉しいですね。

それでは具体的に、幹細胞コスメ・化粧品がどのように「シワ・たるみ」に効果を発揮してくれるのか、ご説明していきたいと思います。今現在も、シワやたるみで悩んでいるという女性は必見です。

幹細胞コスメ・化粧品で得られる効果

加齢によるシワ・たるみというのは一般的なスキンケアをしていても、なかなか改善が難しいですよね。そんな時には、幹細胞コスメ・化粧品がおススメです!シワ・たるみを徹底的にケアしていきたいという女性は、是非参考にしてみてください。

シワ、たるみを解消する効果

シワやたるみというのは、紫外線の影響で悪化していくことが最大の原因だと言われています。多くの人が紫外線の悪影響を知っているのですが、なぜ紫外線が悪影響を及ぼすのかという部分を把握している人は少ないです。

そこで、まずは紫外線がどのような影響を与えてくるのか、詳しく解説したいと思います。

紫外線の悪影響

紫外線を浴びた肌は炎症を起こしてしまい「分解酵素」をたくさん生み出します。この分解酵素というのは、栄養素を分解する作用がある酵素の1種です。そして分解酵素は「コラーゲン」を破壊する働きを持っています。コラーゲンというのは、美肌を生み出すために必要不可欠な成分ですよね。

分解酵素に破壊されたコラーゲンを、すぐにまた生成することが出来れば何も問題はないのですが、コラーゲンは「線維芽細胞」が生成しています。線維芽細胞というのは、紫外線ダメージを受けると、「良質なコラーゲン」を生成するのが困難になってしまうという性質があります。

つまり、紫外線を浴びると「線維芽細胞」も働きが低下してしまいますし、「コラーゲン」はダイレクトに破壊されてしまうので、肌にとってかなり悪影響が及ぼされるという事になります。

紫外線のダメージを軽減するには?

それでは一体、どうやって紫外線からの悪影響を軽減させればいいのかというと、「線維芽細胞」を守ればいいのです!

線維芽細胞に作用してくれる「幹細胞コスメ・化粧品」を使えば、線維芽細胞が活発に働くようになり、新しい細胞が次々に生まれてくれます。するとお肌が紫外線でダメージを受けたとしても、線維芽細胞が活発に働いてくれるので、ちゃんと回復させることが出来るのです。

このように、シワ・たるみが紫外線の影響を受けて生み出されており、それを回復させるためには幹細胞化粧品で線維芽細胞を活発に働かせることが重要だというメカニズムが分かったと思います。どれだけ幹細胞化粧品が、有効かという事が確認できました。

幹細胞化粧品で年齢肌のトラブルを根本からケア

幹細胞化粧品を使うと、どのような効果を得ることが出来るのか?お肌に存在している幹細胞が、どれだけ優れた働きをしてくれているのかということは、別のページで詳しくお話をしていますが、若々しさを保つためには必要不可欠な細胞だという事が分かりました。

それでは、幹細胞化粧品では、どういった効果を肌に感じることができるのか?そこがハッキリしなければ、使うことはできませんよね。

そこで今回は、幹細胞化粧品の効果について詳しく説明をしていきたいと思います。基本的に覚えておいてもらいたいのは、幹細胞化粧品で「アンチエイジングケア」が出来るという事です。

あなたの気になる加齢とともに出てきた肌トラブルも、幹細胞化粧品で改善することが出来るでしょう!

幹細胞化粧品の優れた効果とは?

それでは具体的に、幹細胞化粧品を使うとどのようなアンチエイジング効果が期待できるのかを見ていきましょう!加齢からくる肌トラブルで悩んでいる女性は、幹細胞化粧品の効果をチェックしてください。

お肌の乾燥を予防する効果

お肌というのは水分保持をするためにヒアルロン酸が「真皮」に存在しています。ヒアルロン酸を生成するのは「線維芽細胞」という細胞なので、線維芽細胞が活発に働ける環境になれば、ヒアルロン酸も活動的になりお肌の水分保持力がアップします。

真皮というのは肌の表面ではなく、肌の深い部分に存在している層です。なので、肌の深くにある真皮がしっかりと水分を保持してくれれば、肌の内側からしっかりと潤いに溢れた肌を実現することができます。

タンパク質を守る

それからコラーゲンやヒアルロン酸だけではなく、タンパク質もお肌を若々しく保つために必要不可欠な成分です。タンパク質は人間の体を作り出すうえで必要不可欠な栄養素なのですが、美肌にも大きく関係しています。

人間の体の中には「HSP(ヒートショックプロテイン)」という、自己回復力をサポートするためのタンパク質が存在しています。このHSPというのは、人間が強いストレスを感じた時に、体に必要なタンパク質を囲んで守ってくれる働きがあるといいます。

このHSPは誰のお肌にも存在している物質なのですが、現状ではHSPに注目をしてお肌のケアをする人は少ないようです。

しかし、HSPは肌を温めると増殖させることが出来るというメカニズムも明らかになっています。そして、HSPが増えると「線維芽細胞」も活発に働くようになるので、幹細胞化粧品を使うときというのは「温めながら」使うとより効果的だという事が分かっています。

ハリ・弾力のアップ効果

お肌が乾燥すると、様々な肌トラブルを生み出す原因になりますので、肌が常に潤っている状態をキープするために、幹細胞化粧品はとても効果的です。肌の潤いがキープされることにより、弾力やハリもアップしますので若々しい肌を実現することが可能です。