アンチエイジングで注目されている幹細胞ってどんな成分?

最近じわじわと注目されている幹細胞化粧品ですが、どうやらかなり評判が良いようです。幹細胞化粧品は、肌に優しく、アンチエイジングケアにとても効果があるとして、今女性たちから注目されているアイテムなのです。

さて、いくら効果が期待できると言われても、幹細胞ってよく分からないし、なんだか難しい気がすると思っているあなた!そう難しく考えることはありません。とにかく年齢肌に最適と言われているので、エイジングケアに興味がある女性には本当におススメです。

そんなに凄い効果があるなら「ぜひとも使ってみたい!」と思ってくれた方に、幹細胞とは一体なんなのか?という部分からご紹介していきたいと思います。

幹細胞ってそもそも何?

人間の体には60兆個もの細胞が存在しているのですが、この細胞は全身にくまなく存在しています。そして場所によって様々な働きをしてくれる細胞が常在しています。

神経には神経細胞、筋肉には筋肉細胞というように場所によって細胞の種類も働きも異なりますが、総じて60兆個存在していると言うことです。

細胞の中には、決められた働きを持たずに様々な細胞に変化することが出来る細胞というものも存在します。この変幻自在な細胞のことを「幹細胞」と言います。幹細胞は常に新しく生まれ変わっていく「組織」を維持するために、常に新しい細胞を生み出して補っているという働きをしている細胞です。

幹細胞が持つ2つの機能

そんな幹細胞には「多分化能」と「自己複製能」という2つの能力が備わっています。簡単に言えば、「多分化能」は色々な細胞に変化させる力のことで、「自己複製能」は自分と同じ能力を持っている細胞をコピーする力のことをいいます。この2つの能力を見るだけでも、幹細胞がどれだけ優れた細胞なのかが分かります。

ちなみに私たちがケガをしたときに、自然と回復していきますよね?それは、幹細胞がケガをした部分に集まってきて細胞を修復し再生してくれるからなのです。幹細胞が「修復・再生」をしてくれる・・・つまりこの働きがアンチエイジングに大きな効果をもたらしているのです!

なるほど!と思っていただけましたか?幹細胞の優れた能力に着目したのは、その「修復・再生」の能力に長けているからです。そして人間が加齢とともに悩まされる肌トラブルなどに対し、幹細胞の修復・再生能力が大きく作用してくれるということで、アンチエイジングケアに最適だと言われるようになったのです。

とはいえ、どうやったら幹細胞が肌に影響するようになるのか?幹細胞は体に存在している細胞だということですが、コスメや化粧品に幹細胞が入っているというのはどういった状況なのか?まだまだ幹細胞コスメ・化粧品には知られざる秘密がありそうです。

お次は幹細胞の種類について、詳しくご紹介していきますのでご覧ください!

お肌の幹細胞「表皮幹細胞」と「真皮幹細胞」の働き

幹細胞化粧品がアンチエイジングに効果的だと言うことで、幹細胞について興味を抱く女性が増えています。幹細胞の働きや役割については、詳しくご説明しているページがありますので、そちらも参考にしてみてください!

お次は幹細胞の種類について、お話をしていきたいと思います。幹細胞にはたくさん種類が存在しているのですが、幹細胞化粧品ということで『肌』に関係している幹細胞の種類についてご説明していきたいと思います。

まず簡単に説明をしておくと、肌に関係している幹細胞は2種類あります。それは「表皮幹細胞」と「真皮幹細胞」です。これらの幹細胞は肌の中で、どのような役割を担っているのか?どんな幹細胞なのかをご説明したいと思います。

表皮幹細胞ってなに?

肌というのは3つの層で構成されています。その3つの層は「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造になっており、肌の1番表面にあるのが「表皮」です。この表皮に存在する幹細胞のことを「表皮幹細胞」といいます。

表皮幹細胞の作用は、自分と同じ表皮幹細胞と「表皮角化細胞」という皮膚を覆っている細胞を作り出すというものです。皮膚の1番表面で新しい細胞を次々と生み出している表皮幹細胞は、肌の「ターンオーバー」に大きく関わっています。

ターンオーバーというのは年齢や肌環境などにより、そのサイクルが乱れることもあります。ターンオーバーは刺激や紫外線の影響で、サイクルが長くなってしまいます。

しかし、「メラノサイト(色素細胞)」という細胞が刺激や紫外線のダメージを受けると、肌の中でどんどんメラニン色素が増殖していきます。これがどういうことか分かりますか?メラノサイトが刺激されるとメラニン色素が増殖するので、シミ・くすみなどを生み出す原因になってしまうという事です。

表皮細胞というのは常に生まれ変わりを繰り返している細胞なのですが、表皮細胞の数が減少していくとターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、メラニン色素が増殖してしまうという事になります。この表皮細胞は、もちろん「表皮幹細胞」が作り出していますので、表皮幹細胞が活発に働ける環境になれば、肌のターンオーバーも促進されて正常化するのです。

ターンオーバーが正常化されれば、シミ・くすみを改善することも予防することもできますので、肌にとって表皮幹細胞というのは必要不可欠な存在なのです。

真皮幹細胞ってなに?

真皮幹細胞とは表皮の下の「真皮」に存在している幹細胞で、自分と同じ「真皮幹細胞」と「線維芽細胞」を作り出しています。

「線維芽細胞」というのは、お肌のハリ・弾力などのもととなる「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」を生成するために必要不可欠な細胞です。コラーゲンとエラスチンはお肌にハリ・弾力を与える作用があり、ヒアルロン酸はお肌の水分を維持することができる成分です。

線維芽細胞は加齢とともに作用が鈍くなっていきますので、それと同時にコラーゲンやエラスチンなども作用しなくなってしまいます。もちろんヒアルロン酸も作用が低下していくので、お肌の水分保持力が低下してしまいます。その結果お肌の水分はなくなっていき、シワ・たるみの原因となります。

つまり、真皮幹細胞が活発に働いていれば、次々に線維芽細胞を生み出すことができるので、お肌の弾力やハリが取り戻せるという事も分かります。

真皮幹細胞が十分に真皮に存在していれば、線維芽細胞もどんどん生み出されていきますので、ハリ・弾力・水分保持に欠かせない美容成分も元気に作用するようになりますので、年齢肌が気にならないようになると考えられています。

このように、表皮幹細胞も真皮幹細胞もお肌をキレイに若々しく保つために必要不可欠な細胞だと言うことが分かります。

これら2つの幹細胞を活発に働かせることができれば、若々しさをキープすることも夢ではありません。ということは、幹細胞を使ったコスメや化粧品というのが、どれくらい肌に良いものなのかという事が分かりますよね!

幹細胞化粧品によるケアで起こる肌の変化

幹細胞コスメや化粧品を使うと、幹細胞を活性化させることができます。お肌に関係している幹細胞は2種、「表皮幹細胞」と「真皮幹細胞」があるのですが、このどちらにも作用してくれるので、お肌を健やかに若々しく保つことができます。

幹細胞コスメと化粧品を使えば、表皮幹細胞と真皮幹細胞の働きを活性化させることができるのですが、具体的にどういった作用をもたらすことが出来るのか?

今回は、幹細胞化粧品の力で、肌の幹細胞にどう作用するのかを具体的にご説明していきたいと思います。様々な効果があるという話もしてきたのですが、こちらでは肌の幹細胞に対する作用という視点から、効果をチェックしていきましょう!

幹細胞コスメのスキンケア効果

それでは実際に、幹細胞化粧品が肌の中でどういった働きをしてくれるのか、表皮幹細胞と真皮幹細胞への作用について詳しく見ていきましょう!

表皮幹細胞を活性化させる

表皮幹細胞はターンオーバーを正常に行い、新しい表皮細胞を生み出すという働きをする細胞です。幹細胞化粧品では、その表皮幹細胞の働きを活性化させることができます。

表皮幹細胞を活発にするということは、ターンオーバー促進されてキレイな肌を生み出す力が増すということです。その結果、古くなった角質やメラニン色素を排出させることができ、シミや吹き出物がない健やかな肌をキープすることが出来るようになります。

真皮幹細胞を活性化させる

真皮幹細胞というのは真皮層に存在する幹細胞なので、表皮幹細胞よりもさらに肌の奥深くに存在しています。真皮にはエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が存在しています。

真皮幹細胞が活性化すると、必然的にエラスチンやコラーゲンなどを生成するための「線維芽細胞」を生み出すことができるので、肌の奥深くから水分を保持することが出来るようになります。

これにより、肌は水分で満たされてふっくらもちもちとした質感の、みずみずしい肌を実現することができます。その結果、ハリや弾力が生まれシワ・たるみなどを改善することができます。

そのほかの嬉しい効果

実は幹細胞化粧品を使うと、表皮幹細胞や真皮幹細胞だけに作用するのではなく、そのほかにも嬉しい効果が期待できます。その中でも女性にとって嬉しい効果が2つありますので、ご紹介していきたいと思います。

敏感肌を改善する効果

幹細胞化粧品を使うと「トランスフォーミング成長因子」が作用して、肌の炎症を鎮めることができます。その結果、アレルギーが起きにくい肌を生み出すことができ、敏感肌を改善する効果が期待できます。

新しい血管を生み出す効果

幹細胞化粧品を使うと「血管内皮細胞増殖因子」が作用して、新しい血管が生み出されやすくなります。

血管が丈夫で新しいものであれば、スムーズな血行を実現することができます。その結果、酸素や栄養素が体中にしっかりと行き渡るようになるので、肌の細胞も活発に健康的に働くようになります。

幹細胞を配合した化粧品

WABIO ステムアクティブエッセンス

ヒト脂肪由来順化培養液エキスを配合した美容液です。3種類のヒアルロン酸や肌用ビタミンCなども配合されています。

WABIO ステムアクティブエッセンスの記事へ

リッツ シェイプモイストシリーズ

全ラインに植物幹細胞を配合。お手頃な価格で、幹細胞のパワーを実感できるのことから人気の化粧品です。

リッツ シェイプモイストシリーズの記事へ

メナード化粧品オーセントクリーム

幹細胞研究に力を入れているメナード化粧品の最高級美容クリームです。種子から抽出した3種類のエキスなどが、お肌の輝きを引き出してくれます。

メナード化粧品「オーセント」の記事へ

プラズマVヒューマンエッセンス

化粧品をフリーズドライ加工しているのが特徴の美容液です。ヒト幹細胞培養液由来成分を配合しています。

プラズマVヒューマンエッセンスの記事へ

アメリカや韓国では、かなりメジャーになってきている幹細胞化粧品ですが、日本ではまだこれから。次々に新しいコスメブランドが誕生しているので、最先端のスキンケアを取り入れたいなら、日ごろからチェックは欠かせません。

当サイト以外でも、幹細胞化粧品の口コミやレビューサイトも増えてきています。特にヒト幹細胞培養液を使用した化粧品は高額なことが多いので、しっかり情報収集してから購入を決めるようにしましょう。

幹細胞の情報収集するならココ!

エイジングケアに最適!卵殻膜の美容成分とおすすめの美容液

肌にハリや潤いをもたらす美容成分としては、コラーゲンとヒアルロン酸がよく知られていますが、そのコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあるとして注目されているのが卵殻膜エキスです。

卵殻膜エキス配合の美容液やジェルが、30代、40代になって肌の衰えを感じている女性たちの支持を集めています。

卵殻膜とは?

卵殻膜は、名前から想像できる通り、卵の殻にくっついている薄い膜です。菌やウィルスからヒナを守り、栄養を与えるという、ヒナの誕生にとって重要な役割を果たしています。

主成分はタンパク質で18種類ものアミノ酸を含んでいます。ゆで卵をむくと、卵にくっついていることがありますが、捨てずに食べてほしいと医師がすすめるほど栄養価が高い部分です。

医療に使われたという歴史もあり、怪我をした際に傷口に卵殻膜を貼ることで、傷の治りが早くなったという記録も残っています。

卵殻膜が肌にもたらすスキンケア効果

卵殻膜エキスのポイントの一つが、人の肌に近いアミノ酸組成となっていることです。肌へのなじみがよいため、浸透性が高いことが卵殻膜化粧品の大きなメリットです。

卵殻膜には、ヒト真皮繊維芽細胞を増やす働きや、Ⅲ型コラーゲンが増やす働きがあることが分かっています。

繊維芽細胞はヒアルロン酸を生成している細胞で、Ⅲ型コラーゲンは肌にハリをもたらす効果があります。つまり、卵殻膜エキスが配合されている化粧品には、ヒアルロン酸やコラーゲンを増やす効果があり、そのため、肌にハリや潤いをもたらしてくれるというわけです。

さらに、卵殻膜には、アミノ酸の一つで美肌成分でもある「シスチン」が多く含まれています。シスチンは、体内に取り込まれると、「L-システイン」という成分に変わります。L-システインは、美白効果があるとして、ホワイトニングの化粧品やサプリメントに配合されている成分です。

卵殻膜エキス配合の化粧品は、ヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促すことで、肌にハリと潤いをもたらし、さらに美白効果も期待できるので、まさに万能と言えるでしょう。

肌のハリや弾力性がアップ

年齢を重ねてくるとコラーゲンが失われてくるので肌老化が進行してしまいます。肌のハリや弾力性もなくなり年齢より老けているように見られてしまう事も少なくありません。

しかし卵殻膜エキス入りの美容液を使用するとコラーゲンを増やしてくれます。コラーゲンが若い時と同じぐらいの量になるので肌のハリや弾力性がよみがえってきます。

年齢より老けて見られていたのが一転して若く見られるようになるので気分良く日常生活を送れるようになります。

皮膚再生機能がアップ

年齢を重ねてくると外部から刺激を受けた時に皮膚にも悪影響を与えてしまいます。その影響でシワやシミが増えてしまう事も少なくありません。

しかし卵殻膜エキス入りの美容液を使用すると皮膚再生機能が高まるのでシワやシミを解消する事が出来ます。またシワやシミが解消された後も再発しないように予防する事も出来ます。

シワやシミを解消したい人は卵殻膜エキス入りの美容液を使用するのがおすすめです。

肌トラブルを防げる

アレルギー体質の人は肌の免疫力が低い状態になっているので外部からの刺激を少し受けただけで敏感に反応してしまいます。

肌が痒くなったり炎症を起こすなどトラブルが発生する事も少なくありません。しかし卵殻膜エキス入りの美容液を使用すると肌の免疫力を高める事が出来ます。外部から刺激を受けた時もしっかり対応する事が出来るようになるので肌トラブルを防げます。

アレルギー体質で肌トラブルがよく起こる事で悩んでいる人は卵殻膜エキス入りの美容液を使用するのがおすすめです。

卵殻膜エキス配合のおすすめ美容液

おすすめの美容液は、ビューティーオープナーオイルです。オージオ化粧品のビューティーオープナーオイルは、卵殻膜エキスを95%も配合した贅沢な美容液です。

人気も高く、ハリやつやが出るという口コミも多数あります。洗顔後に肌になじませるだけで、よいから、使い方もとっても簡単です。

価格も手頃だから試しやすいです。肌のハリ不足や、毛穴の目立ちなど、肌に悩んだら、ぜひ使ってみて下さい。

東京大学とアルマードで共同開発されたチェルラーブリリオ卵殻膜リフトセラムも、卵殻膜が高濃度配合されていて、とてもおすすめです。

卵殻膜の成分が肌にしっかり浸透して、ハリや弾力のある肌に導いてくれます。口コミでも肌になじみがよく、ハリや潤いのある肌になるという声が多くて評判がよいです。

価格も初回特別価格は、2138円と試しやすくなっていて、とてもおすすめです。

美容液選びの情報収集するならココ!

卵殻膜と幹細胞の美容液でエイジングケアしよう

卵殻膜エキス入りの美容液を使用すると、以下の3つの効果が期待出来ます。

  • 肌のハリや弾力性がアップ
  • 皮膚再生機能がアップ
  • 肌トラブルを防げる

卵殻膜美容液は、アンチエイジングにとてもおすすめです。年齢肌が気になる方や、はり不足が気になる方、毛穴の開きが気になる方などにぜひ試してみてほしいです。卵殻膜エキスが年齢肌にアプローチし、美肌に導いてくれます。

使い方も洗顔後に肌に馴染ませるだけだから、簡単です。年齢肌に負けないように、ぜひ卵殻膜や幹細胞の美容液でケアしていきましょう。

インスタや、雑誌でも話題殺到で評判の高い、ビューティーオープナーや、チェルラーブリリオがとってもおすすめです。

公式通販サイトがあるので、ぜひチェックしてみて下さい。いつまでも若い肌を目指してエイジングケアしていきましょう。